【Q internationalスタッフにインタビュー】全米で一番治安の良い都市サンディエゴで少人数で学べる学校

291

View

Q international school

Q International Schoolは、アメリカ・サンディエゴにある語学学校です。この学校は、特に少人数制にこだわっており、最大クラス人数は8人(夏季繁忙期を除く)で、先生との距離も近いことが魅力です。キャンパスには教室が5つあり、4名の講師が在籍しています。日本人の学生は1クラスに2〜3人程度。日本人以外のアジア人もほとんどいないため、少人数で日本人が少ない環境を希望する方に特におすすめの学校です。
元Q internationalの学生で現在は学校スタッフのKaoriさんにお話を伺いました。

※本ページはプロモーションが含まれています

Q internationalの生徒だったスタッフによる手厚いサポート

生徒
Q international school

▼Q international schoolスタッフプロフィール

  • Kaoriさん
  • 東京の大学を卒業し、営業やマネジメントの仕事でしっかりと社会人経験を積む
  • セカンドキャリアを考え、サンディエゴに学生ビザで留学
  • 元はQ International schoolの生徒でインターンシップで即戦力に
  • 2016年から学校スタッフとして勤務(2024年6月現在)

▼学校紹介動画

YouTube
  1. Kaoriさんは、社会人を経験されてから留学されたそうですね。サンディエゴを選ばれたのはなぜですか?

    ラングペディア
  1. Kaoriさん

    サンフランシスコに留学したいと思っていましたが、以前のサンフランシスコは高すぎて... 家賃は、当時のサンディエゴの倍で、予算をオーバーでした。そんな時に、アメリカ人の友人がサンディエゴの魅力を教えてくれ、留学前にロサンゼルスに旅行した際、ひとりでサンディエゴに視察に行ってみました。その結果、こちらなら暮らせそうだなと感じたので、サンディエゴに留学することにしました。

  1. Kaoriさんは、元はQ international schoolの生徒さんだったのですよね。

    ラングペディア
  1. Kaoriさん

    そうなんです。最初は他校に語学留学をしていましたが、そちらが大規模な学校だったため、クラスメイトも15名と1クラスの人数が多く、なかなか発言できる機会もなく、思ったように英語が伸びませんでした。そんな時に、クラスメイトの紹介でQ international schoolを知り、転校することにしました。当時は日本人が全くおらず、1クラスの人数が5〜8人と少人数クラスでクラスメイトとも仲良くなる事ができ、質問をしやすい環境でした。

    スタッフも先生もいつも気に掛けてくださり、楽しく学校に通うことができました。

  1. Q internaitonalで語学を学んだ後は、学校のインターンに申し込みされたのですよね。なぜインターンに挑戦されたのですか?

    ラングペディア
  1. Kaoriさん

    私自身は帰国するつもりでいましたので、日本に帰る前に何か身につけて帰りたい!と思っていました。インターンは無給でしたが、何かを得る留学にしたいと思い挑戦しました。

  1. 目的が明確であると、留学がより充実したものになりますね!インターンはいかがでしたか?

    ラングペディア
  1. Kaoriさん

    そうですね。こちらでは、日本の会社のように、新卒で入ったら研修などで会社がお金を使ってくれることはありません。即戦力となる人材が圧倒的に優位だと感じました。私は、留学前に社会人経験があったので、採用される機会に繋がったのだと思います。

学校スタッフとして

エントランス
Q international school
エントランス
Q international school
  1. Q internationalにはいつからスタッフとしてお勤めでしょうか?

    ラングペディア
  1. Kaoriさん

    2016年から勤務しています。インターン後から働いています。

  1. どんなお仕事をされているのですか?

    ラングペディア
  1. Kaoriさん

    現在はアドミッションの仕事をしております。申込書受付から入学日までのプロセスをお手伝いさせて頂いております。世界中から個人でのお問合せが日々ありますので、生徒さんに学生ビザのプロセスなどの対応、生徒さんが留学生活でお困りの事があれば(病院、保険、携帯、銀行など)サポートさせて頂いております。

  1. インターン後、そのままアメリカに残ることになったわけですが、海外で働くことに対して葛藤や不安はありませんでしたか?

    ラングペディア
  1. Kaoriさん

    海外と交流がある仕事につきたいと考えていたので、不安は全くありませんでした。アメリカの会社にいながら世界中のクライアントさんとお話しする事が多く、日々、学びや気付きがあります。

    不安な事は、日本のように終身雇用ではないので、結果が出なければ解雇があるという事が初めは怖いと思っていました。ただ、日本の会社で多くの経験をさせていただいてから渡米したので、特に問題はないですね!笑

  1. アメリカに来て良かったと思うことは何ですか?

    ラングペディア
  1. Kaoriさん

    アメリカは多民族国家で、異なるバックグラウンドをもった人がたくさんいるので、毎日何かしら違うことを学べる環境です。元々、海外旅行が大好きで、色々な国の方に囲まれて生活したいと思っていましたので、理想的な環境です!

▼学生の様子

Students
Q international school
  1. 学校スタッフをやっていて良かったなと思うエピソードはありますか?

    ラングペディア
  1. Kaoriさん

    卒業式の際、留学中のスピーチをし泣いている生徒を見ると、生徒の人生の貴重な一部の時間に関われた事を嬉しく思います。また、帰国してからの活躍を見るたびに嬉しい気持ちになります。

  1. Kaoriさんが特に印象に残っている学生のエピソードはありますか?

    ラングペディア
  1. Kaoriさん

    留学された生徒さん全てに留学物語があり印象に残っております。当校は都内と埼玉にある私立中高一貫校の3ヶ月間の留学プログラムの受け入れ校として選ばれ、毎年中学生の団体が3ヶ月間の留学に訪れます。最初は皆さん不安で萎縮している様子ですが、2ヶ月後には片言でもコミュニケーションをとろうと積極的な姿勢を見られて感動します。

    私の個人的な見解ですが、日本人は英語ができるかどうかよりも、まず外国人に慣れていないと感じます。これは大人になるほど抵抗が強くなり、自然に話せるようになるのも難しくなる傾向があります。若ければ若いほど、外国人に対する抵抗が少なく、自然なコミュニケーションも取りやすくなります。ですので、中高生の皆さんには、心の成長のためにも2週間でも留学体験をして欲しいと思っています!

  1. Q international schoolでは中学生からの受け入れが可能なのですね!

    ラングペディア
  1. Kaoriさん

    はい、13歳から受け入れています。当社はグループ会社で、そのうちの一つの会社が現地の私立高校に入る学生のサポート、プレパレーションコースを提供していることもあり、未成年のお子様の受け入れも積極的に行います。彼らが主に留学する時期は春や夏なので、この時期は、一時的に未成年専用のクラスも開講しています。

学校周辺の環境について

students
Q international school
  1. 学校周辺のおすすめスポットやサンディエゴでの過ごし方を教えてください。

    ラングペディア
  1. Kaoriさん

    MLBの大谷選手やダルビッシュ選手の影響で、サンディエゴが日本でも知られるようになりましたね!先日は、女優の米倉涼子さんがサンディエゴにきていて、レストランで私の友人の隣で食事されていたそうです。

    サンディエゴは、メキシコ国境と隣接しておりますので、メキシカン料理がカリフォルニアでも一番美味しいと言われています。特にタコスは日本でいうとおにぎりのような存在で、一番気軽に食べれる食べ物になります。ダウンタウン周辺にもたくさんのメキシカンレストランがあるので、食べ比べするのもいいと思います!あと、「カリフォルニアブリトー」は是非試して欲しいと思います。中身はステーキとフレンチフライが入ったカロリー高めなブリトーです。昔、開拓団が腹持ちをするための食事として提供されていた食事だそうです。

    サンディエゴはロスをぎゅっとコンパクトにしたような街で、公共交通機関は日本ほど頻繁ではありませんが、約15分に1本のペースで利用できます。ロサンゼルスのように車がなくても楽しめますし、ビーチまでのアクセスがもっと便利です。授業のあとは、お気に入りのビーチでアクティビティや、カフェで勉強などして過ごしている生徒が多いと思います。カヤックやビーチバレー、サーフィンなどのマリンスポーツや、ハイキングなど自然を満喫できるトレールも多くあります。現地のアメリカ人も週末にはこれらのアクティビティを楽しんでいます。私もよく行きます!

  1. サンディエゴの治安はいかがですか?

    ラングペディア
  1. Kaoriさん

    アメリカは治安に関して心配されることもありますが、現在のアメリカでサンディエゴは最も治安の良い街の1つです。物価はサンフランシスコよりも高くなりました。コロナ後の状況も変化して、ホームレスの増加傾向がありますが、サンディエゴのホームレスは他の都市ほど暴力やドラッグの問題はなく、ロスやサンフランシスコよりも安全な状況が続いていますから安心してお越しください。

Q internaitonal schoolの特徴

クラスルーム
Q international school
  1. Q internationalはどういった学校でしょうか?

    ラングペディア
  1. Kaoriさん

    Q international schoolはとにかく少人数制に拘っています。最大クラス人数8人(夏季繁忙期を除く)で、スピーキングが苦手な日本人にとって非常に発言しやすく先生との距離も非常に近いのが魅力です。コミニュケーションが取れるようになると英語を話す自信にも繋がります。

    また、当校のホームステイ先はアウトソーシングではなく、学校で管理しております。よって、学校とホストファミリーが直接繋がっている為、ホストファミリーも親身になって支えてくれる家族が多く、安心して留学生活を送ることが可能です!未成年の方の留学に関しては、学校送迎が含まれておりますので、安心して留学生活を送ることができます。

▼クラスルームの様子

クラスルーム
Q international school
  1. キレイでおしゃれなキャンパスですね!

    ラングペディア
  1. Kaoriさん

    はい!建物は3階建て、語学学校は1F部分のみです。校舎は天井が高く、ロビーも教室も落ち着いた印象です。2階と3階は現地の学生たちが通うカレッジです。オリエンタルマッサージとITのコースを提供しています。

  1. 学生数や国籍はどのような感じですか?

    ラングペディア
  1. Kaoriさん

    夏休み前のローシーズンは全校生徒は50名ほどです。教室は5つあり、講師は4名在籍しています。日本人の学生は1クラスに2〜3人で、次いでサウジアラビア、メキシコ、ブラジルの留学生が多いです。夏のハイシーズン中でも、全校生徒は70〜80名です。当校には日本人以外のアジア人はほぼいません。

  1. どんな生徒にQ international schoolに来てほしいですか?

    ラングペディア
  1. Kaoriさん

    まず、スピーキングを伸ばしたい生徒さんにはおすすめです!また、アメリカ留学は、ワーキングホリデー制度がないため、主に大学進学やキャリアの向上を目指す方、真剣に英語を習得したい方が多いです。明確な目標を追求する方に強くお勧めします!

スポンサーリンク

ビザ申請のアドバイス・注意点

Q international School生徒たち
Q international School
  1. 最近、各国で学生ビザの申請条件が厳しくなっています。アメリカは昔から、ビザ申請には厳しい印象がありますが、アメリカの学生ビザを申請する際に、気を付けるべきことはありますか?
    アメリカ入国時の注意点もあれば教えてください。

    ラングペディア
  1. Kaoriさん

    長期留学で渡米する方は、アメリカの学生ビザの申請において資金証明を十分に行うことが必要です。1ヶ月につき2000ドルが必要と言われていますが、最低でもこの金額以上を確保してください。1年間の留学費用は最低でも400万円以上になるので、事前に口座にできるだけ多くの資金を入れておくことで、ビザ申請やイミグレで疑われることは少なくなるでしょう。
    また、帰国の意思を確実に示すためにも、往復航空券を必ず持参することをお勧めします。

    近年、20代から30代の日本人女性がアメリカの入国審査で足止めされるケースが増えています。特にロサンゼルス空港は厳しく、個室に連れて行かれてスマートフォンの通話履歴やインターネットの検索履歴などが調査されることもあります。仕事を辞めてアメリカ留学する場合は、Recommendation letterなどの書類を用意しておくと良いと思います。サンディエゴに留学を希望される方は、日本からの直行便を検討してください。

Kaoriさんからのメッセージ

Q international Schoolピザパーティ
Q international School
  1. これから留学を考えている方へメッセージをお願いします!

    ラングペディア
  1. Kaoriさん

    経験はかけがえのない時間です。迷っている人は、ひとまず行動してみましょう。
    留学を通じて得られるものはたくさんありますが、一つは自信です。英語が話せるようになっただけでなく、一人で渡米し、誰も知らない中で現地文化を理解し、生活する事は人生において自信になると思います。日本が世界の中心ではなく、ご自身が世界の中心になって行動してみると、見える世界観が変わってくると思います。

Q international schoolの基本情報

創立年2011年
住所1770 Fourth Avenue, 1st FloorSan diegoCalifornia92101 USA
電話番号+1 619-450-2224
学生数約50名
国籍割合メキシコ 5%/ブラジル 15%/トルコ 5%/韓国 15%/日本 3%/サウジアラビア 5%
教員数4
日本語対応
施設無料Wifi 自習室 ラウンジ コンピュータルーム 食堂
ウェブサイトhttps://qschool.edu/

※記事内容・学校情報はラングペディアが学校に確認した段階での情報です(2024年6月現在)。
現在は変更されている可能性があります。

この学校への問い合わせ

Q international schoolについてもっと知りたい方、質問や見積もり依頼がしたい方は、下記のボタンから可能です!

留学の相談をする(無料)
Q インターナショナル・スクールのロゴです
名称Q International School(Q インターナショナル・スクール)
国・都市アメリカ / カリフォルニア州 / サンディエゴ
学校形態語学学校
住所1770 Fourth Avenue, 1st Floor San Diego, CA 92101
電話番号+1 619-450-2224
公式サイトhttp://qschool.edu/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/14266/

\ LINE相談はコチラ /

【無料】LINE相談

▼関連記事

失敗しない!留学プランを【無料で】知りたい方

留学の個人手配サポート「ラングペディア」がオススメの語学学校を無料で提案します。

必須興味がある国(複数選択可)
必須予定の渡航時期
 年   頃
質問・ご要望
必須お名前
必須メールアドレス
携帯メールなどフィルタ設定をご確認ください

個人手配サポート「ラングペディア」の利用規約 及び プライバシーポリシー に同意する。

1営業日以内にラングペディア(support@langpedia.jp)から返答致します

この記事に関するキーワード

  • インタビュー
  • オーストラリアン・インターナショナル・カレッジ・オブ・ランゲージ
  • Q インターナショナル・スクール

この記事を書いた人

Langpedia
Langpedia

語学留学の個人手配をサポートする留学サービス「Langpedia(ラングペディア)」です。

https://langpedia.jp/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!