【2023年版】南アフリカおすすめ留学エージェント3選!南アフリカ留学のエージェントを比較

2762

View

スポンサーリンク

南アフリカ留学に興味があるけど、留学エージェントはどうしよう?正直どれを選んだらいいか分からない!そんな人のために、南アフリカ留学におすすめの留学エージェントを紹介します。留学エージェントを利用する上での注意点やデメリットもお伝えするので、これから南アフリカ留学したい人はぜひ参考にしてください

失敗しない!留学プランを【無料で】知りたい方

留学の個人手配サポート「ラングペディア」がオススメの語学学校を無料で提案します。

必須興味がある国(複数選択可)
必須予定の渡航時期
 年  頃
質問・ご要望
必須お名前
必須メールアドレス
携帯メールなどフィルタ設定をご確認ください

個人手配サポート「ラングペディア」の利用規約 及び プライバシーポリシー に同意する。

1営業日以内にラングペディア(support@langpedia.jp)から返答致します

  1. ペンギンちゃん

    南アフリカ留学に興味があるけど、留学エージェントはどうしよう?
    ・正直どの留学エージェントがいいか分からない!
    ・南アフリカ留学ってエージェントを通さないと手配できないの?

と、悩んでいませんか?

本記事では、自分にあった留学の手配方法が見つけるために、留学エージェントの特徴を解説します。

⬇︎本記事でわかること

  • 留学エージェントのメリット・デメリット
  • 留学エージェントを選ぶポイント
  • 南アフリカ留学のおすすめエージェント
  • 留学エージェントを利用しない方法

南アフリカ留学の魅力・特徴

南アフリカの風景

アフリカ大陸の最南端に位置し、別名「太陽の国」とも呼ばれるほど晴れが多いです。

南アフリカの基本情報

               
正式名称南アフリカ共和国
首都プレトリア(行政府)
ケープタウン(立法府)
ブルームフォンテーン(司法府)
面積1,220,000km²
人口約6004万人(2021年)
言語英語・アフリカーンス語・ズールー語など
通貨ランド(ZAR)
宗教主にキリスト教、その他(ヒンズー教、イスラム教など)
時差-7時間
日本より遅れている

いまアツイ、南アフリカ留学ってどうなの?

南アフリカには11の公用語がありますが、英語が主に使用されています。

そのため、英語留学できる語学学校があり、日本人を含めたアジア人が少ないことから穴場の留学先として注目されています。

ブラジルやサウジアラビアからの学生が多く、つぎにヨーロッパ諸国が多いです。

語学学校のコースも英語圏同様に、一般英語コース、ビジネス英語コース、IELTSやTOEFLといった試験対策コースなど、幅広く提供しています。

南アフリカの気候

南アフリカは南半球に位置しているため、日本と逆の季節になります。夏は10月~3月まで続きます。

熱いイメージがあるかもしれませんが、雨季の5月〜7月は降水量が多く、平均気温は7度ほどと低いです。

- ケープタウン東京
1月最高 24℃
最低 17℃
最高 10℃
最低 2℃
2月最高 25℃
最低 17℃
最高 10℃
最低 2℃
3月最高 24℃
最低 16℃
最高 14℃
最低 5℃
4月最高 21℃
最低 13℃
最高 19℃
最低 10℃
5月最高 19℃
最低 11℃
最高 23℃
最低 15℃
6月最高 17℃
最低 9℃
最高 26℃
最低 19℃
7月最高 17℃
最低 9℃
最高 30℃
最低 23℃
8月最高 17℃
最低 9℃
最高 31℃
最低 24℃
9月最高 18℃
最低 11℃
最高 27℃
最低 20℃
10月最高 20℃
最低 12℃
最高 22℃
最低 15℃
11月最高 22℃
最低 14℃
最高 17℃
最低 9℃
12月最高 23℃
最低 16℃
最高 12℃
最低 4℃

南アフリカの留学エージェントを選び方

留学エージェントのイメージ画像
William Iven by Pixabay

1. 返答が早いか

ビザや滞在先、航空券の手配など余裕を持って準備するべきものがあります。

南アフリカ英語留学は、入国から90日以内の滞在だとビザ申請は不要です。しかし、90日以上の滞在する場合は学生ビザの申請が必要です!

事前に必要な書類の準備や手続きをスムーズに行うために、質問に対する返答が早い留学エージェントを選びましょう。

また、夏休み期間や海外の長期休暇シーズンは、人気の滞在先がうまってしまうことがあります。

2. 南アフリカ留学について詳しいか

南アフリカ留学のサポートをしているエージェントは少なく、インターネットでも日本語の情報は限られています。

申込み前にいつ入学許可書が届くのか、航空券はいつ手配するのかなど、明確なスケジュールについて詳しい案内があるかをチェックしましょう。

スケジュールやビザの詳細がない場合は、カウンセラーが南アフリカ留学について詳しくない可能性があります。

留学エージェントによってカウセリングの対応は違うため、2〜3社に問い合わせしてみるのもおすすめ。

  1. 対応が曖昧に感じたら別の留学エージェントに相談しよう

    キリン先輩

3. 語学学校の最新情報を知っているか

南アフリカにある語学学校と、ちゃんとやり取りしている留学エージェントは最新の国籍比率や費用などの情報を知っています。

知りたいことがあれば代わりに、学校スタッフに問い合わせてるくれることも。

きちんと学校の特徴を説明し、あなたにどういった点があうのか教えてくれるカウンセラーであれば信頼できます。

留学エージェントは提携校を紹介するため、1校しか紹介してもらえない場合は、希望の学校があっても紹介してくれない可能性があります。

  1. ペンギンちゃん

    細かく希望を聞いてくれるか?も大切なポイントだよ

南アフリカのおすすめ留学エージェント

南アフリカ留学をサポートしてる会社は少ないですが、その中でも南アフリカにある語学学校を紹介している、おすすめ留学エージェントです。

おすすめの語学学校だけでなく、ビザや治安といった南アフリカ留学の気になることを聞いてみるのもOK!

1. 個人手配サポート「ラングペディア」

個人手配サポート「ラングペディア」のトップページです

ラングペディアは、生徒が直接学校に手続きする個人手配をサポートする無料サービスです。厳密には留学エージェントではありませんが、エージェントと同様に留学手続きのサポートをしてもらえます。

  • 一人で手続きするのが心配
  • エージェントを利用するのが不安
  • 余計な費用を抑えて少しでも安く留学したい!

このような希望を持った人に、まさにぴったりの留学サポートサービスです。

留学エージェントは利用すると、エージェントと学校のキャンセル規定にそれぞれサインする必要があります。新型コロナなど不測の事態の際、トラブルのリスクが高まります。

LINEやメールで気軽に相談できるのもおすすめしたいポイント。

おすすめポイント

南アフリカにある語学学校と面談したり、メールでやり取りをしており、各語学校の情報に詳しいです。

それに対してラングペディアであれば、個人手配なので学校のキャンセル規定だけサインすればOKです。個人手配だからこそ余計なリスクを回避できるメリットもあります。

基本情報

会社名/屋号Langpedia(ラングペディア)
住所東京都品川区西五反田5-9-20
設立2016年9月
ウェブサイトhttps://langpedia.jp/

2. スマ留

スマ留公式バナー

年間利用料者数10,000人以上のスマ留は、語学学校の「空き時間」や「空き場所」を利用することによって
留学費用を従来の最大半額に抑えることを実現した人気の留学エージェントです。

スマ留のアメリカ留学では国と期間さえ決まれば料金が決まり、
あとは同一価格で自由に学校を選ぶことができるので、
よりシンプルに安く留学をすることが可能です!

おすすめポイント

さらにJTBグローバルアシスタンスと連携し現地オフィスを構えているため、
アメリカにいながら365日24時間サポートを受けることができ初めての留学でも安心です。

無料カウンセリングはオンラインにも対応。
全国から相談可能なので、コロナ情報をはじめとする現地の最新情報からなんでも気軽に相談できます。

2022年12月に貯金金額に合わせて、最長60回まで留学費用を分割できるスマートローンをリリース!

基本情報

会社名/屋号株式会社リアブロード(Re-abroad INC)
住所東京本社:東京都新宿区新宿2-5-10 成信ビル3階
設立2014年12月
ウェブサイトhttps://smaryu.com/lp/salon4/

3. ブリッジ留学サポートセンター

ブリッジ留学サポートセンター公式サイトのスクリーンショット

ブリッジ留学サポートセンターは、名古屋にオフィスがある留学エージェントです。

南アフリカ留学では語学学校のみですが、世界各国の留学を幅広くサポートしています。

高校留学やワーキングホリデー、日本語教師アシスタント、インターンシップなど。

おすすめポイント

希望に応じてオーダーメイドの留学プランを提案してくれます。

語学学校だけでなく、ホームステイの立地や設備など、できるだけ要望に答えられるよう相談に乗ってくれるのも特徴です。

名古屋が拠点ですが、メールにて全国のカウンセリングに対応してサポートを実施。

基本情報

会社名/屋号ブリッジ留学サポートセンター
住所愛知県名古屋市名東区明が丘97-1 第3藤が丘ビル1F
設立2004年1月
ウェブサイトhttps://www.bridge-ryugaku.com/

スポンサーリンク

南アフリカ留学のエージェントとは

留学エージェントのイメージ画像

そもそもこの記事で紹介する「留学エージェントとは何か?」を紹介しますね。

留学エージェントとは、以下のサポートサービスの提供している留学の手続きを代行する会社のことを言います。

  • 留学の相談
  • 留学プランの提案
  • 学校の紹介・入学手続き
  • ビザ申請のサポート
  • 滞在先の手配
  • 航空券・保険の手配

南アフリカの留学エージェント特徴

アメリカやカナダ、オーストラリアといった留学生が多い国では、その国専門のエージェントや現地に拠点がある現地エージェントがあります。

世界各国の留学を取り扱っている日本国内にある留学エージェントがたくさんあるのが特徴です。

しかし、残念ながら南アフリカ留学に特化した日系の専門のエージェントや、現地にオフィスがある現地エージェントはありません。

また、日本に拠点がある留学エージェントはたくさんありますが、南アフリカの語学学校を取り扱っている会社が少ないが現状です。

  1. でも今回紹介した会社は、南アフリカ留学をサポートしているよ!

    キリン先輩

留学エージェントを利用するメリット

ビザの申請といった一人では難しいものは、留学エージェントを利用するとカンタンです。

また、留学エージェントによっては、ボランティアやスポーツ留学などの独自のプログラムを提供しています。選択肢が増えれることも。

留学エージェントを利用するデメリット

留学エージェントの中には、利益率が高い語学学校やプランを率先して紹介しているケーズもあります。

手数料がかからない無料エージェントもすべてのサービスが無料とは限りません。

有料のオプションサービスもあるので、しっかりと説明を聞いてどれが無料なのか確認しましょう。

見積もりの内訳を確認する

独自のレートで換算、オプションサービスやパッケージの追加など留学費用に上乗せしている場合があります。

留学費用には、授業料、入学金、教材費、送金手数料など細かい内訳があります。

一つひとつの項目でいくらかかっているのか、換算レートはいくらなのか、しっかり確認しましょう。

  1. ペンギンちゃん

    見積もり書に2022年○月○日の○○銀行の為替相場といった記載がない場合は、どのレートを使用しているか聞いてみるのもいいよ

留学エージェントの注意点

留学エージェントのイメージ画像
Photo by energepic.com from Pexels

留学エージェントの利用を検討している人は、実際に多くのトラブルが発生している事実をしっかり理解した上で利用しましょう。

国民生活センターには1995年〜2004年までに3436件の相談があります。実際に留学エージェントの倒産によって多額の留学費用を支払ったのにも関わらず、留学に行けなくなった人が過去に1000人以上も存在しています。

上記の記事は、弁護士に確認をして執筆された留学エージェントに関する調査記事です。これらを参考しておけば、留学エージェントのトラブルに巻き込まれることを避けることができます。

トラブルに巻き込まれない為の10ヶ条

  • 【1】一括資料請求に要注意。留学エージェントから電話が来ることも
  • 【2】事前に留学エージェントをリサーチする
  • 【3】自分がイメージしている留学、受けたいサービスを明確にすること
  • 【4】契約する前に、複数の事業者を比較検討すること
  • 【5】事前に契約書(約款)を必ず読むこと
  • 【6】契約はよく考えて慎重に ― クーリング・オフの適用はない ―
  • 【7】留学エージェントを使っても、留学代金は自分で学校に支払う
  • 【8】留学エージェント利用者自身も留学に関する知識を持つこと
  • 【9】それでもトラブルになってしまったら、消費生活センター等に相談すること
  • 【10】個人手配をする
  1. キリン先輩

留学エージェントを通さないで手続きする方法

南アフリカ留学のイメージ画像
Jan Vašek by Pixabay

そもそも南アフリカ留学は、エージェントを通さないと手続きないのでしょうか?先に結論をお伝えすると、留学エージェントを利用しなくても南アフリカ留学はできます。

1. 学校に直接申し込みをする

学校のWebサイトにお申し込み・お問い合わせフォームがあります。そこから直接問い合わせできるので、留学費用の確認や留学の申し込みが可能です。

Webサイトからの申し込み方法は「留学手続きを解説!実はとってもカンタンな語学学校の申込書の書き方」を参考にしてください。

英語での問い合わせ方法については「自力で留学したい人は必見!語学学校への問い合わせ英文例」で紹介してます。

ただし、学校スタッフは自分たちの学校を勧めるので、1〜2校に絞ってから問い合わせるといいですよ。

南アフリカのおすすめ語学学校は「【2022年最新版】南アフリカ留学・ケープタウンのおすすめ語学学校4選」を参考にしてください!

  1. 学校診断で自分にあった語学学校を見つけるのもおすすめ!

    キリン先輩

\ 学校選びでお困りですか? /

【無料】60秒でわかる学校診断サービス

2. 個人手配サポートサービスを利用する

まだ学校が決まっていない人は、LINEまたはメールで南アフリカの語学学校について無料相談ができるサービスもおすすめです。

このサービスを利用すれば、留学エージェントに相談するように中立の立場からおすすめの学校を案内と手続きサポートしてくれます。

実際の手続きは学校とやり取りする個人手配になりますが、もし分からないことがあれば気軽に相談ができるサービスです。

個人手配について知りたい人は『JASSOも推奨!自分の留学は自分で作る』を参考にしてください。

【無料】留学の相談をしてみる

\ LINE相談はコチラ /

【無料】LINE相談

⬇︎個人手配の参考記事

留学エージェント選びに迷ったら

ラングペディア

ここで紹介した留学エージェントの他に、南アフリカ留学を取り扱っていまるエージェントは、それぞれに特徴がります。

そして、残念ながら一部の留学エージェントは、留学希望者が何も分からないことをいいことに、有料サービスへの勧誘など行うエージェントもあります。

留学エージェントに相談をする前に、様々なリスクを理解し、自分での語学学校の下調べをしておきましょう。

どうやって留学エージェントを選べばいいのか、エージェントを使わないで安心できる留学方法はないのか、と感じた人におすすめなのが、個人手配サポートのラングペディアです。

個人手配」をコンセプトにしていまるサービスです。学校へ直接支払うので、余分な費用は一切かかりません。オンラインに特化しており、学校選びや留学プランの相談から、手続きサポートも受けられます。

この記事を読む皆さんが、悪質なエージェントに騙されないことを願っています。

\ 留学でお困りですか? /

【無料】留学の相談をしてみる

スポンサーリンク

このシリーズのほかの記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!