NYで国際結婚!するも妊活&不妊治療で苦労した話Vol.1

736

View

スポンサーリンク

ある日突然、30代前半という若さで、ニューヨークで不妊治療を開始することになり、日々絶望の淵に立たされながらも、決して希望を捨てずに、妊活に励んだ筆者の妊娠に至るまでの体験談です。ここでは、不妊治療を開始することになったきっかけについてお伝えします。

スポンサーリンク

避妊をやめれば、すぐに妊娠できると思っていた

筆者がNYで国際結婚したのは2015年の夏でした。結婚当初、筆者はまだ20代後半でアメリカ人男性の旦那も30代半ばだったので、当時は妊活を焦るにはまだまだ早すぎる年齢だと思っていました。そのため、すぐに子供は作らず、最初の2年は2人だけの時間を楽しもうということで、毎日避妊ピルを服用していました。

それから月日はあっという間に流れ、2017年の秋になった時点で「そろそろ子供がほしい!」と2人で思うようになりました。年齢的にもまだその時点で、筆者は30歳になったばかりだったため、避妊ピルを飲むのをやめたら、翌月、もしくは数ヶ月以内にはすぐに妊娠するだろうと信じて疑っていませんでした。

また、妊活に関する知識がゼロだったため、ネット上の情報を参考にしつつ、NYの紀伊国屋書店にも出向き「妊活たまごクラブ」の雑誌を旦那と一緒に買いに行きました。あの日雑誌をゲットした時のワクワク感を今でも鮮明に覚えています。

まさかその1年後には、夫婦でNYの不妊クリニックに重い足取りで訪れることになるなんて。当時は全くもって想像だにしていませんでした。

なかなか妊娠しない自分への焦り

2017年の秋に妊活をスタートさせてから、一向に妊娠する気配がないまま、気づけば既に半年もの時間が経過していました。その間、周りで同じように妊活していたであろう友人、知人たちが次々とSNSのサイトで妊娠報告をしていき、彼女らのそんな幸せそうな投稿を見るたびに、ものすごくやるせない気持ちになっていました。

「どうして私たちのもとには、コウノトリがやってきてくれないのだろう?」「子供が欲しいと望むのは当然のことなのに、それを叶えるのがどうしてこんなにも難しいのだろう?」不妊治療者であれば誰もが一度は必ず胸に抱く疑問を、筆者もトイレで毎月生理が来るたびに、涙を流しながら、何度天に向かって、神に問いただしたことでしょう。

スポンサーリンク

自身の不妊を認め不妊治療へ

今まで生理も毎月順調に来ていて、これといった婦人系の病気に見舞われたことがない健康体の持ち主であった筆者ですが、ここまで来ても全く妊娠する気配がないことにおかしさを感じ、妊活を開始してから実に8ヶ月が過ぎたところで、ついに不妊治療へ進もうと夫婦で決意しました。

どうしてこの若さで妊娠できないのか。その原因を今すぐにでも知りたい!その一心で、藁にもすがる思いで、早速NYでの不妊クリニック探しを始めている自分たちの姿がそこにはありました。

まとめ

「人生、一寸先は闇」このことわざを聞くたびに、不妊治療を開始した当初の自分たちのことを思い出し、胸が締め付けられる思いになります。2015年の夏に幸せな花嫁としてバージンロードを歩いていたときは、まさかその数年後に「不妊治療」をすることになるとは、筆者も旦那も1ミリも想像していませんでした。

次回の記事ではNYでの不妊クリニック探しの様子をお伝えします。

英語好きにお勧めインスタ

役立つ英語フレーズを毎日紹介しています。ぜひフォローしてください。

@langpedia

「1週間の留学」を無料プレゼント中(9/30締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

ぱりんこ
ぱりんこ

ニューヨーク在住歴19年のアラサー女子。ニューヨーク生活の酸いも甘いも知り尽くした筆者だからこそ知る、ニューヨーク、アメリカ事情を独自の目線でお伝えしていきます!

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談